「永遠の命(心)の因果応報」を知り自覚しましょう

皆が本当の幸せでいて頂きたいから

「永遠の命(心)の因果応報」を知り自覚しましょう

あの世で苦しんでいる人があまりに多すぎます

私達地球星人は、この世では肉体・霊体(肉体の動体設計図的なもの)・心の「三重構造」で日々の生命活動(=生活→人生)ができています。

肉体的に死ぬと、いわゆるあの世では宇宙人と同じように「霊体と心の二重構造」で生命活動ができていますので、肉眼ではほとんど見えにくくなります。〔但し、霊能者や神能者は見る事ができます。(本 110~112P)〕
その、あの世で生命活動ができている大変多くの人々が、この世での心がけや生き様の結果、宇宙全体共通法則の因果応報(含・自業自得)で地獄他で苦しんでいらっしゃいます。2015年11月29日YouTube動画

2020年では、肉体が死んで直ぐ成仏(天国以上に上がれる)できる方は、約511万人に一人の割合です。

そのため悲惨なことが世界で毎日起きています。

この事はいかなる宗教に入信していようと解決できないからです。

なぜなら、宇宙全体共通法則(宇宙総体真理)に勝てる宗教は絶対に無いからです。

その悲惨な現実とは
この世を「感情のエゴのデコレーションの生命活動」をした人は、この世でいかなる権力・権威を持った人であろうとも地獄他で永年苦しむことになるからです。このタイプが大半です。

約25年間、同志の方々と毎日「除霊」ではなく、「授かった光による授力上げ」をして来ていますので本当によく解ります。
いかに日々の生命活動の心がけと生き様が重要であるかが、日々の「授力上げ」の度に認識させられます。

皆の幸せのために生きられた本来仏教祖の釈迦でさえ、成仏するのに約6年間の心の修行(自心改革・悟り)をしていらっしゃいます。(本 162P)
その点欠点だらけの小生は、自心改革を必ずして実行をしなければあの世で長く苦しむことになるに違いありません。

宇宙全体は因果応報になっていますのでこの世とあの世の流れは、善因善果・悪因悪果になります。

従って
感情次元の「陰心(吸引・収縮)の喜び(含・贅沢)の生命活動」をすればするほど怖いあの世となります。
なぜなら 陰心エネルギーは心が重くなり、心の次元が極端に下がりますので、自業自得で自ら地獄他に落ちて大変な苦しみの日々となるからです。(本 47P表)自然神が設定された宇宙全体共通法則には、何人であろうと勝てませんので。

「平等存在の地球自然に感謝と思いやりの陽心」での日々の生命活動が、人間として生まれさせて頂いた永遠の命(心)の修行であり使命と思っています。しかし今生、小生がしてきたのはたったの約25年間です。 永遠の命(心)からは、あまりにも短すぎますが、とりあえず、肉体のある限り続けてゆく決心をしています。

配信版 心づくり共室3
2020年3月7日
宇宙共通心クラブ員
江田 拝

コメントを残す