神の特性とお働きの内容

ご存知ですか??

神の特性とお働きの内容

エセ宗教を見抜く視野・視点にも

神は、自然神(例:宇宙創造神)と人格神(例:イザナギノミコト・キリスト)がいらっしゃいます。その中でも、自然神は、私達地球星人の日々の生命活動(=生活→人生)ができる「宇宙共通の根本システム」「宇宙運営システム」「体制」等の仕組みをお創りになり、毎日24時間休み無く「陽エネルギー(真愛心)」を出し続けていらっしゃいます。 これ等の事をご存知の方は、極く一部の方々ではないでしょうか。

例えば
宇宙全体に「無限空間時間システム」を設定して頂いた事により、私達は自由に体を動かす事ができたり、口を動かして話をする事ができます。 しかし、これが例えば空間はあっても時間が無ければ体は全く動かせず、一切話をする事もできなくなります。 「無限空間時間システム」を創って頂きありがたい限りです。
そして神は、真愛心の塊ですが、差別・戦争・地球自然破壊の元となる感情心の情愛心はお持ちではありません。「理性無きは人間にあらず」と仰られた神もいらっしゃいます。
神は宇宙全体を様々な性質のエネルギーで充満されていて、その中の「生命エネルギー」により私達全人類は五体全てを動かせ、日々の生命活動(=生活→人生)ができています。
これ以上ありがたい事はないのではないでしょうか。感謝せずにはおれません。
神は、宇宙全体を13次元構造にされて、その13次元を陰(収縮・他)・陽(放射・他)エネルギーを満たし、空間・霊体(物体の動体設計図的なもの)・物質物体(例:無数の星々・地球星の空気・水・土地・草花・木々・微生物・昆虫・大小動物・全地球星人)を創られました。 13次元の中で物体化されるのは1、2次元界の陰エネルギーの多い次元です。その状況を肉眼で見る事ができるのは約2.38次元以下で、それ以上の次元は見えません。私達地球星人が肉眼で見える世界は、あまりに狭い範囲なのです。
従って
私達地球星人は、五感(目・耳・鼻・口・触感)反応思考ではなく、理性・道理による心眼思考が極めて重要です。
私達全地球星人は、なぜ人間としての命を授かったのか深く考えてみる必要があるのではないでしょうか。
神は、私達が住んでいる宇宙全体を「無実体(無不変・無固定)システム」で一元統一化されていますので、宇宙全体は「絶対平等存在体制」になっています。
しかし、私達人類の多くは「差別心」を持つだけではなく、ピラミッド型の「差別社会体制」にしています。
宇宙全体の事実・真実・現実を無視して、「感情次元の自我心の思いこみの価値観」での差別社会体制だけではなく、地球自然を汚し、傷つけ、破壊して「自然巡環」を破壊する等恐ろしい存在です。
私達は神より命を授かったにもかかわらず、あまりにも神意を踏みにじっています。
その驕り高ぶったツケ・因果応報が多方面(社会体制の矛盾・自然界・病気 他)でハッキリ出てきています。
現在の感情次元の消費生活(デコレーション人生)の文明が続けば、「根本修正(シンプル人生)」をしない限り、その行き先は自滅あるのみです。
感情次元心から理性次元心へ、心の次元上昇・進化を絶対に致しましょう。そして、全存在の全ての永遠の幸せを日々お祈り(陽エネルギー)致しましょう。自分の永遠の命(心)の永遠の幸せ(悟り)のためにも。(本 190P表)
2020年1月24日 江田  拝